アリーナのおススメ専任物件♪「逗子市逗子5丁目戸建 7,300万円」仲介手数料は「成約価格×0.7%+消費税」で承ります♪♪♪

物件名:「逗子市逗子5丁目戸建 7,300万円」

平成22年築ヘーベルハウス♪ 新逗子駅徒歩1分、逗子駅徒歩4分の好立地♪車3台駐車可♪ 屋上より逗子花火大会を一望♪ 2駅3路線利用可♪(京急線、横須賀線、湘南新宿ライン) 人気の始発駅♪
<アットホーム>
<Yahoo>

〒141-0031 東京都品川区西五反田7-6-5 アベ五反田ビル1F フリーダイヤ0120-307-817 TEL : 03-5436-6780

住宅ローン減税3年延長

こんにちは。消費増税対策で、タイトルのような事になっています。

実はこれまでも、住宅需要喚起のためにずっと延長されてきたこの住宅ローン減税、正式には「住宅借入金等特別控除」といいます。この言葉で検索すると、国税庁のページがヒットします。これがおおもとの制度説明概要です。

どんな制度が適用されるかは、住宅取得した年次で決まりますんで、もう購入された方は、11年目以降の継続した減税は、ちょっとうらやましい話ですね。

今までも消費増税の時などには、セットで様々な減税や優遇措置が、国や自治体から行われてきました。

ただ、不動産業従事者として思うのは、家を買うのに増税で思いとどまったりする人は少ないんじゃないか、という事です。確かに増税前には特需が起きて、売り上げは一時的に上がります。が、その後当然「必ず」冷え込みます。

ただ、どんな事にせよ、それで「家を買う!」という事に向きあい、真剣にお考えになるきっかけになるのは、よい事だという風に考えます。

住宅購入には、様々な税や法律の知識が付きまとい、それらを「知っているだけ」で得をすることが、沢山あります。アリーナは皆さんの幸せを願ってこの商売を続けております。そうぞお気軽にご相談ください。

(以下転載・2018/12/4付ネット記事)
住宅ローン減税3年延長 政府・与党最終調整 消費増税対策で

政府・与党は住宅ローン減税が受けられる期間を3年延ばし、現行の10年から13年とする方向で最終調整に入った。2019年10月の消費税率引き上げに伴う住宅の駆け込み需要や反動減を防ぎ、購入を支援する。購入から11年目以降の減税幅は建物価格の2%を3年間かけて所得税などから差し引く仕組みにする。

新築の一戸建てやマンションを事業者から買った場合、建物部分に消費税がかかる。住宅ローン減税では年末の借入残高(4000万円が上限)の1%を所得税などから差し引ける。年間40万円、10年間で合計最大400万円の税額控除があり、確定申告や年末調整で還付される。

政府・与党は税収への影響などを考慮して住宅ローン減税を3年延長し、建物価格の2%の金額を3年間かけて還付する仕組みを設ける。3000万円の建物の場合、計60万円の減税が受けられる。建物価格の2%と、借入残高の1%の還付を3年続ける場合を比べた際に、少ない方の金額を実際の減税額とする。

一定条件を満たす住宅購入者に一時金を渡す「すまい給付金」も拡充。消費増税後は年収775万円以下の人を対象に最大50万円を支給する。現在は年収510万円以下の人に最大30万円を配っている。

ご売却物件(マンション・築浅戸建・土地)急募! 売行き好調のため在庫不足です♪ 仲介手数料は業界最安値の0.7%で承ります♪ 精一杯がんばります!

<不動産流通革命♪♪♪>

「マンション・築浅戸建・土地・オーナーチェンジ物件」のご売却のご相談は、アリーナコーポレーションにお任せください♪♪♪ 仲介手数料は、業界最安値の0.7%で承っております!!! ご所有不動産売却の面倒な事項からアフターフォローまで、売主様の立場に立った姿勢で全面サポートいたします♪ プロとしての確かな経験と確かな情報に基づき、ご所有不動産を無料で査定させていただきます!

営業エリアは東京・神奈川・千葉・埼玉で承ります♪

※弊社最寄りの五反田駅から既存の交通機関で60分以内のエリアが対象でございます。あらかじめ何卒ご了承くださいませ。

ご成約事例一覧はこちら

ご売却の担当者は大手不動産仲介会社出身です。ご売却もご購入のお手伝いも、数多くのお取引を経験しておりますので安心してご依頼いただけます♪♪♪

ご売却価格

通常の仲介手数料  (成約価格×3%+ 6万円+消費税) 

アリーナの仲介手数料  (成約価格× 0.7%+消費税) 

 

2,000万円

712,800円 

151,200円 

 

3,000万円

1,036,800円 

226,800円 

 

4,000万円

1,360,800円 

302,400円

 

5,000万円

1,684,800円 

378,000円 

 

6,000万円

2,008,800円 

453,600円 

 

7,000万円

2,332,800円 

529,200円 

 

8,000万円

2,656,800円 

604,800円 

 

※成約価格800万円未満の物件は、仲介手数料「1.5%+消費税」とさせて頂きます。何卒、ご了承くださいませ。

※専任媒介のみ承ります。(一般媒介は対象外でございます。)何卒、ご了承くださいませ。

※サブリース、差押・仮差押等の物件は対象外になります。何卒、ご了承くださいませ。

〒141-0031 東京都品川区西五反田7-6-5 1F

フリーダイヤル 0120-307-817 TEL : 03-5436-6780

退去費用 ー不動産購入知識

家を購入して、住みなれた賃貸物件と、ありがとう!さよなら!でもそこで大事なものがあります。退去費用。
退去費用とは、賃貸物件から退去する際に発生する費用であり、おもに原状回復にかかる費用となります。

ただ、通常「原状回復」(ハウスクリーニング費用代および鍵交換代)は、入居時の敷金からまかなうため、入居者もその差引で、返金が多少なりとも発生することを期待します。

ただ、実際には、返金がほとんどされなかったり、追加で退去費用が発生するといったケースもあり、トラブルに発展する事例が多いです。

対応策としては、
・大家さんや管理会社によって退去時に行われる原状回復費用算定のための現場調査に入居者自身も立ち会い、どこが入居者負担になるかを確認する

・事前に国土交通省の原状回復に関するガイドラインに目を通しておく

・退去時に室内写真を撮影しておき、見積もりに含まれる修繕内容と突き合わせる、などを行えるとよいですね。

また、こうした退去時のトラブル回避のためにも、入居時の物件確認の際には、チェックシートをつけたり、元からあった目立った傷や破損部分については、記録したり、写真撮影などをしておくことが大事です。感謝の気持ちできれいにすると、返還金も増えるかも知れませんね。

新着♪ アリーナのおススメ専任物件♪「セントラル大手町 8F 2,070万円」

物件名:「セントラル大手町 8F 2,070万円」 ※オーナーチェンジ物件

「神田」駅徒歩6分、「大手町」駅徒歩7分の好立地♪ 2駅8線利用可♪(JR線、京浜東北線、中央線、銀座線、東西線、丸の内線、千代田線、三田線)

<アットホーム>

〒141-0031 東京都品川区西五反田7-6-5 アベ五反田ビル1F  フリーダイヤル 0120-307-817 TEL : 03-5436-6780

☆メールでのお問い合わせ ☆メールフォームでのお問い合わせ(SSL対応)

新着♪ アリーナのおススメ専任物件♪「コーヅ白金台 7F 5,700万円」

物件名:「コーヅ白金台 7F 5,700万円」

白金台駅徒歩1分の好立地♪ 平成28年9月にフルリノベーション済♪ 眺望良好♪ 陽当り良好♪ 室内大変綺麗にお使いです♪

<アットホーム>

〒141-0031 東京都品川区西五反田7-6-5 アベ五反田ビル1F フリーダイヤル 0120-307-817 TEL : 03-5436-6780

☆メールでのお問い合わせ ☆メールフォームでのお問い合わせ(SSL対応)

仲介手数料 ー不動産購入知識

仲介手数料

仲介手数料とは、住宅の売買や賃貸借の取引の際、売主と買主の間に入って意見の調整や契約事務などを行う不動産会社(仲介会社)に支払う手数料のこと。仲介手数料は、取引が成立した時点で支払う成功報酬で、物件の売却や購入の仲介を依頼したものの、契約が成立しなかった場合は、仲介手数料は請求されません。

仲介手数料が必要な取引は、「住宅や土地の賃貸借」、「中古住宅、新築一戸建て、土地の売買」です。ただし、売主から直接購入する場合は、仲介手数料はかかりません。

売買の場合、仲介手数料は、売主と買主それぞれが仲介会社に支払います。その上限額は、「売買代金(消費税分は除く)の3%+6万円+消費税」と定められている(代金が400万円を超える場合)。支払いは、契約時と引渡時に半金ずつ行うのが今までのパターンでした。

一方、賃貸借の場合は、貸主と借主が支払う手数料の合計額について、その上限を「家賃の1カ月分(共益費・管理費などは含まない)+消費税」と定められています。

アリーナのおススメ専任物件♪「コーヅ白金台 7F 5,700万円」

物件名:「コーヅ白金台 7F  5,700万円」

白金台駅徒歩1分の好立地♪ 平成28年9月にフルリノベーション済♪ 眺望良好♪ 陽当り良好♪ 室内大変綺麗にお使いです♪

<アットホーム>

〒141-0031 東京都品川区西五反田7-6-5 アベ五反田ビル1F フリーダイヤル 0120-307-817 TEL : 03-5436-6780

☆メールでのお問い合わせ ☆メールフォームでのお問い合わせ(SSL対応)

LDK ー不動産購入知識

LDK

LDKとは、Lはリビング(居間)、Dはダイニング(食事室)、Kはキッチン(台所)の意味で、居間と食事室と台所が一体となった空間のことです。また、食事室と台所が一体となった空間(ダイニングキッチン)をDKといいます。 
 
例えば「3LDK」と表示されていれば、3つの居室とリビング、ダイニング、キッチンがある間取りということ。また、リビングとダイニングキチンが分離している間取りは「L・DK」、独立型キッチンの場合は「LD・K」と表記することもあります。